ブルーライトカット用のメガネって本当に効果があるの?


太陽光やパソコン,携帯などの光に含まれている、青い波長の光がブルーライトがです。
ブルーライトは、肉眼で見ることが可能な光の中で一番波長が短く、強いエネルギーを持つため、目の奥の網膜まで届いてしまいます。網膜の機能を低下(加齢黄斑変性症は完治する?)させる可能性もあるので、注意が必要になります。

生活するうえでブルーライトと必ず接している

普段は意識しないかもしれませんが、LED照明や紫外線、スマートフォンなど、通常の生活でも色々な場面でブルーライトに接しています。
ブルーライトを長時間浴びていると、目の疲れや傷みなど眼球疲労の症状が出ることがあります。
また、人によっては睡眠障害が起こる原因になる場合もあります。

ブルーライト対策「ブルーライトカットメガネ」

そうしたブルーライト対策として開発されたのが、ブルーライトカットの効果を持つメガネです。
パソコン操作する際に使われることが多いので、「PCメガネ」などの名称で呼ばれています。
ブルーライトカット眼鏡は、ブルーライトを吸収するタイプ反射するタイプがあります。
いずれのタイプもブルーライトカットの作用があるため、視界が黄色っぽくなります。色を変えず、ブルーライトのみをカットするのは物理的に不可能とされています。
現段階では、視界が黄色くならないレンズは、ブルーライトカットの能力が低いことになりますので気をつけましょう。

自然の光について


ブルーライトをカットする効果を検証する前に、自然界の光についてご説明します。
自然界では、400nm(ナノメートル)以下の紫外線と、400nmから780nmまでの可視光線、そして780nm以上の赤外線が存在します。
この中で、肉眼で見ることが可能なのは可視光線のみ、とされています。
可視光線、さらに青紫色と赤色、黄緑色など、数種類に分かれます。

ブルーライト

ブルーライトは380nmから495nmの青い色の波長を持っている光線ですので、上記の数値を見ると、自然界にある光線のうち、ごく一部の光から保護するものにすぎないことが分かります。
つまり、パソコンをする際に、眼の負担を完璧に防ぐことはできないことになります。

ブルーライトカットメガネですべてOK!…ではない。


そのため、「ブルーライトカットのメガネをしていれば、何時間パソコンをしたとしても眼は疲れない」とは考えない方が良いでしょう。
もちろん、ブルーライトをカットする眼鏡は、つけていないよりはつけていた方が、ブルーライトを多少カットするので、「疲れにくくなる」と考えることはできます。
ただし、目のことを考えるのであれば、メガネのみに頼るのではなく、パソコン作業中は1時間に10分から15分適度の休息を取ったり、PC作業中はまばたきする回数を増やすといった対策をした方が、無難と言えます。